千葉県 銚子市
ふるさと納税サイト『ふるぽ』千葉県 銚子市全国ふるさと納税マップ

全国ふるさと納税マップ

千葉県銚子市

銚子市のすがた

銚子市は関東平野の最南端に位置し、利根川や太平洋など水に恵まれた市です。
銚子町、本銚子町、西銚子町、豊浦村が合併して誕生し、千葉県内では千葉県に次いで二番目に誕生しました。
利根川の河口の形から「銚子口」と呼ばれていたのが現在の地名の由来で、その名の通り、横から見たお銚子のように、利根川が狭い河口から広い海へと川が流れこんでいく地形が特徴です。千葉県内でも北部に位置しますが、周りを海に囲まれた海洋性気候のおかげで一年を通して過ごしやすく、夏場でもめったに熱帯夜にならないことから、関東地方での避暑地として親しまれています。冬場でも極端に気温が下がることはなく、メロンやイチゴなどの温暖な気候に適した果物の栽培が行われています。また一年を通して風が強く吹くことから、風力発電も行われています。街の中や海の近くで、真っ白い風車が回っている景色は壮観です。

銚子漁港は全国でも有数の水揚量を誇り、特にマグロやイワシ、キンメダイを多く水揚げしています。また、沖合ではイルカやクジラなどの姿も見られ、小型船に乗って海に出るホエールウォッチングも盛んに行われています。銚子市が誇る景勝地である犬吠埼には、はるか彼方まで水平線を見渡せる犬吠埼灯台や、太平洋の海で見られる生き物が大集合した犬吠マリンパークがあります。

大人から子どもまで誰でも海の魅力を楽しめる、千葉県銚子市。
水揚げされた魚のようにいきいきとしたこの街を、あなたのふるさとにしてみませんか?


銚子港と海の幸

銚子市自慢の名産といえば、太平洋から水揚げされた活きのいいマグロやイワシです。全国でも屈指の水揚量を誇る銚子港では、様々な魚が水揚げされます。港の近辺の施設ではマグロの解体ショーや銚子水産祭りが行われています。ほかにもサバやサンマの缶詰などの水産加工品の販売や、とれたての魚を食べられる食堂が開かれるなど、海の幸をふんだんに味わえるイベントが盛んに行われています。

特に銚子港で水揚げされたイワシは脂がよくのっており、刺し身にお寿司、フライなど、どんな食べ方をしてもそのおいしさはピカイチ。高級な魚として知られるキンメダイやヒラメも、活きがよくて身の太ったものが水揚げされています。
銚子港で水揚げされた魚の干物は、海の幸を味わう土産ものとしても愛されています。また、新鮮な魚を材料にして作られた調味料「魚醤」も有名で、こちらも土産ものとして知られています。

銚子市市内には銚子港で水揚げされた海産物を使った料理が食べられるお店がたくさんあります。犬吠埼や犬吠マリンパークといった海の近くの観光スポット近辺から、銚子駅の近辺といった交通アクセスの便利な場所までどこにでもあるので、気軽に立ち寄って銚子の海の幸を味わうことができます。

  • 獲れたてまぐろ
  • 新鮮海の幸

犬吠埼

犬吠埼という名前の由来には諸説あり、源義経の愛犬が置き去りにされ主人を思って鳴く声が響いたから、かつて数多く生息していたアシカの鳴き声が犬の鳴き声によく似ていたからなどの説が有力です。アシカは現在でも生息しており、イルカやクジラと同じように、小型船のクルージングなどで見ることができます。また沖合ではクジラの潮吹きや水中にもぐるときの尾びれなどを見ることができ、その姿は迫力満点です。クジラだけでなく、春から夏の終わりにかけてはイルカにも出会えます。波に乗ってスイスイ泳ぐイルカの背びれや豪快に水面からジャンプする姿も見られます。水族館でおなじみの姿ですが、自然の中で見るとよりダイナミックな光景です。

犬吠埼は景勝地としても愛されており、高浜虚子や国木田独歩などの有名な文人が訪れ、その雄大な景色を詩や俳句にして残したほどの美しさを誇ります。荒々しい岩が切り立った崖に波が打ち付ける様子は、まるで一幅の絵画のようです。
犬吠埼灯台は、明治初期に造られてからずっと、海の安全を見守ってきました。現在は海の安全を守るだけでなく、観光名所としても親しまれています。灯台の長い階段を上った先には、青い水平線をはるか彼方まで望む、吸い込まれそうな絶景が待っています。
沿岸に広がる君ケ浜は「日本の渚百景」にも選ばれるほど美しい浜辺として知られ、季節によってはハマヒルガオなど海辺に咲く愛らしい花も見られます。また君ケ浜は「日本で一番早く初日の出を見られる」場所とされており、大晦日から元旦にかけてはよりいっそう賑わいをみせます。

本州最東端にある犬吠埼マリンパークは、犬吠埼から望む太平洋に棲む生き物が一堂に会する水族館です。イルカショーも通年で開催され、可愛らしい姿を見せてくれます。

  • 犬吠埼1
  • 犬吠埼2

フルーツ・清酒

冬でも暖かい銚子市では、温暖な気候を活かして果物を栽培しています。その中でも特に有名なのがメロンです。甘みが強くしっかりとした果肉のメロンはギフトにも人気ですが、直売所で買う収穫してすぐのメロンの味わいは格別です。銚子で栽培されているメロンのほとんどはアムスメロンといい、メロンとして良く知られている、表面に網目の入っているものです。このアムスメロンの中でも最高品質のものを「金印」といい、通常のメロンよりもさらに糖度が高く食感も優れたものにだけ冠されるのです。
アムスメロンの他にも、夏になるとクインシーメロンなどの品種も出荷されます。それらすべてが「銚子メロン」として銚子市民だけでなく、日本各地で愛されています。
銚子市ではイチゴの栽培も盛んで、温暖な気候を活かしたハウスの中でじっくり熟したイチゴが直売所で販売されています。直売所の中にはイチゴ狩りのサービスを行っている場所もあり、冬から夏前にかけてたわわに実ったイチゴを楽しめます。

銚子市には清酒の蔵元が3つあり、いずれも味わい深い清酒を製造しています。清酒の販売の他、見学や試飲ができる酒造もあります(要予約)。銚子市で捕れた海の幸を肴に一杯、というのもいいものです。


銚子市の名産・特産

醤油
醤油

千葉県には醤油の生産メーカーが多く、その生産量は全国の3割以上を占めています。濃い口や薄口醤油といった種類をはじめ、魚醤やだし醤油など、その種類によっては色や味がまったく異なります。

大漁旗
大漁旗

港からでもよく見えるように大胆で派手な色彩や図柄で描かれた大漁旗は縁起物とされ、新しい船が出航する際の進水式などのほか、結婚や開業などのお祝いごとの場を飾る用途としても使用されてきました。

ぬれせんべい
ぬれせんべい

煎餅を焼いた直後に醤油に漬けることで、食感をしっとりとさせたものです。銚子の米菓店が1960年頃に考案し、商品化しました。ねっとりとした歯ざわりと、醤油が染み込んだ濃厚で独特の味わいが特徴です。


ふるさと納税の活用方法

銚子市では、ふるさと納税の活用方法として様々な取り組み方針を公開しており、寄附金を収めた方はその中から希望する使い道を選ぶことができます。

ふるさと納税の利用用途の中でも、銚子市らしい取り組み方針としては、銚子電気鉄道の運行維持支援への寄附金があります。

銚子電鉄は、約90年もの歴史のある電気鉄道で、日常生活の足として「ちょうでん」の愛称で市民に親しまれてきました。公共交通機関としてはもちろん、観光の振興発展に貢献するなど、重要な役割を果たしています。

銚子電鉄はこれまで、企画乗車券の販売やぬれせんべいの販売など、さまざまな企業努力により自主運行を続けてきましたが、経営状態の悪化により、平成24年に市などに支援を要請するに至りました。
昔ながらの漁師町の風情が残る銚子の町をゆっくりと走るレトロな電車は、これからも残していきたい銚子のふるさとの風景です。
その他にも様々な事業を行っており、銚子市の活気維持のために、ふるさと納税を活用させていただいています。

銚子市の主な取り組み方針
  • 銚子市の自然・歴史・文化の活用
  • 保健・福祉が充実した「やさしいまちづくり」の推進
  • 銚子市の未来を担うひとづくり事業
  • 銚子電気鉄道の運行維持
  • 銚子市の自然を活用したジオパーク構想
  • 市長が必要と判断する各種事業
アクセスマップ
犬吠埼灯台
住所:千葉県銚子市犬吠埼
アクセス方法:銚子電気鉄道銚子電気鉄道線「犬吠駅」下車
所要時間:駅から徒歩10分

犬吠埼マリンパーク
住所:千葉県銚子市犬吠埼
アクセス方法:銚子電気鉄道銚子電気鉄道線「犬吠駅」下車
所要時間:駅から徒歩2分
この自治体の謝礼品交換サイトを見る
ふるさと納税で旅に出よう! ふるさと納税旅行クーポン