長崎県 雲仙市
ふるさと納税サイト『ふるぽ』長崎県 雲仙市全国ふるさと納税マップ

全国ふるさと納税マップ

長崎県雲仙市

雲仙市のすがた

雲仙市は、長崎県の島原半島北西部に位置する市です。2005年に誕生したばかりの比較的新しい市で、国見町、瑞穂町、吾妻町、愛野町、千々石町、小浜町、南串山町が合併して雲仙市が誕生しました。
北は有明海に、西は橘湾に面し、雲仙普賢岳を取り巻くように位置しています。雲仙山系の険しい山地と丘陵地、海岸沿いの平野部からなり、温暖多雨の温厚な気候に恵まれ、雄大な自然環境を有する市となっています。

雲仙の自然は、四季折々に姿を変え人々を魅了してきました。時に荒ぶる自然の厳しさと共生しながら、人々は日々の暮らしを営んでた歴史があります。雲仙地獄にはキリシタン殉教碑が、神代小路には古い町並みが残されているなど、あちらこちらで歴史を感じることができるのも雲仙市の特徴です。
雄大なる自然と、人々の共生を感じられる町・雲仙市を、あなたのふるさとにしてみませんか?


雲仙岳

雲仙岳は、普賢岳、国見岳、妙見岳の三峰に、野岳、九千部岳、矢岳、高岩山、衣笠山の五岳を加えた山々の総称です。「三峰五岳の雲仙岳」と呼ばれ、雲仙市、島原市、南島原市にまたがっています。
最高峰の平和新山は標高1,483mで、平和新山は長崎県の最高峰でもあります。その周囲に、主峰の普賢岳、国見岳、妙見岳、野岳、九千部岳、矢岳が存在しています。これらの山々は「雲仙国立公園」として、1934年に日本初の国立公園に指定されました。
草花、野鳥の宝庫であり、特に「ウンゼンツツジ」とも呼ばれるミヤマキリシマは仁田峠を中心に5月に見ごろとなり、美しい花が満開に咲く様は見事。秋は紅葉、冬は雪景色と、雲仙岳の景色は人々を楽しませています。

雲仙岳は活火山で、昔から噴火を繰り返してきました。その激しい噴火は山の崩壊が起きるほどで、そのときの災害は有史以来日本最大の火山災害「島原大変肥後大迷惑」として今に伝わっています。
平成に入ってからも雲仙岳では噴火活動が起き、1991年に発生した火砕流では報道や消防の関係者が何人も巻き込まれる大惨事となりました。その際の噴火活動により形成された溶岩ドームが、現在の平和新山となっています。
現在では噴火活動を休止していますが、大規模な防災施設の設置や警戒観測といった防災活動は現在も続けられています。


雲仙温泉

雲仙はかつて「温泉」と表記され、古くから温泉保養地として有名でした。
「雲仙地獄」と呼ばれる噴気帯を囲むように温泉街が点在し、多くの共同浴場で温泉を楽しむことができます。明治時代より長崎に上陸した外国人客も多く訪れ、早くから外国人向けの観光ホテルが建設されるなど、夏の避暑地・保養地として人気がありました。

雲仙地獄には遊歩道が設置され、清七地獄、お糸地獄、大叫喚地獄といった地獄や、真知子岩や鏡石といった奇岩を巡ることができます。高温高圧の温泉と噴気が激しく噴き出し、硫黄臭とともに湯けむりが立ち込める景色は、恐ろしい地獄のように迫力があります。
雲仙地獄はかつて、迫害により多くのキリシタンが殉教した地でもあります。それらの悲しい歴史は、キリシタン殉教碑や聖火燃ゆ之碑といった石碑にみることができます。

雲仙地獄から引いた雲仙温泉の泉質は硫黄を含んだ強い酸性で、皮膚疾患やリウマチ、血行促進、疲労回復などに効果があるとされています。 湯けむりが上がる雲仙地獄の景観と、硫黄の香りの温泉により、雲仙温泉は昔から保養地として親しまれてきました。


神代小路・鍋島邸

神代小路は、雲仙市国見町にある「国見神代小路歴史文化公園鍋島邸」(旧鍋島家住宅、鍋島邸)を中心とした一帯です。古い町並みがほぼそのまま残っており、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

神代地区は、当時一帯を治めていた佐賀藩鍋島氏により整備され、以来当時の町並みがほぼ崩されることなく残されている貴重な地区です。鍋島氏の陣屋跡に建てられた邸宅である鍋島邸を中心に、周囲には石塀や水路、生け垣など趣深い整然とした風景が並び、まるで時が止まったかのよう。

国指定重要文化財である鍋島邸では、美しい近代和風建築の建物や枯山水式庭園などを見学できます。入り口の長屋門は元禄期の建築と伝えられています。
近隣には旧中学校校舎を利用した雲仙市歴史資料館もあり、さまざまな考古資料が展示されています。雲仙市の歴史を体感することができます。


雲仙市の名産・特産

たいらガネ
たいらガネ

たいらガネとは、「ガザミ」とも呼ばれているワタリガニのことです。雲仙市国見町多比良(たいら)港沖で獲れることから、たいらガネと呼ばれ地元で親しまれてきました。濃厚な味の身がたっぷり詰まったたいらガネは一年を通して楽しむことができます。

温泉たまご
温泉たまご

雲仙温泉の名物でもある温泉たまご。雲仙地獄から噴き出す蒸気と蒸し器で作る温泉たまごは、ほのかに硫黄の香りがするのが特徴です。塩も温泉から作られた塩を使用しているため、ふつうの温泉たまごとは違った味わいを楽しめます。

特別栽培馬鈴薯
特別栽培馬鈴薯

平成20年4月に長崎県の特別栽培農産物の認証を受けて生産されているじゃがいもで、柔らかい肉質に味が良くしみこむことなどから特に関西方面のデパートで好評です。また、通常のじゃがいもの1.5倍ものビタミンCが含まれており、食味、色、艶ともに抜群です。


ふるさと納税の活用方法

雲仙市は、2005年に7町が合併して誕生した新しい市です。市は新しくなりましたが、それまで培ってきた文化や歴史、産業はこれからの未来の力となっていくものです。

雲仙市には豊かな自然や歴史があります。文化や風土に根ざした地域力、地域や世代を越えた人材力を結集し、これからも魅力ある郷土づくりを行っていきます。
そんな雲仙市は、『雲仙市の応援団』を募集しています。「雲仙市を応援したい」「雲仙市のために何かしたい」「雲仙市を大切にしたい」という応援の気持ちで寄せられた寄附金は、これからのまちづくりに役立てていきます。

ふるさと納税で贈られた寄附金は、『雲仙市ふるさと応援基金』に積み立て、雲仙岳をはじめとした雲仙市の自然環境を保護する活動や、雲仙ブランドの確立といった農水産業の振興、福祉や教育支援といった暮らしやすいまちづくりなど、さまざまな事業に活用されています。

雲仙市の取り組み方針
  • みんなでつくるまちづくりに関する事業
  • 快適で住みよい暮らしづくりに関する事業
  • 笑顔いっぱいの健康と福祉づくりに関する事業
  • 力強い産業と仕事づくりに関する事業
  • 新しい観光・交流による活力づくりに関する事業
  • 明日を担う人づくりと誇りあるふるさとづくりに関する事業
  • その他目的達成のために市長が必要と認める事業
アクセスマップ
雲仙温泉
住所:長崎県雲仙市小浜町雲仙
アクセス方法:JR島原鉄道「諌早駅」下車、駅前ターミナルより島鉄バス「雲仙行き」乗車「島鉄バス雲仙営業所」下車
所要時間:JR島原鉄道「諫早駅」からバスで約1時間20分

国見神代小路歴史文化公園鍋島邸
住所:長崎県雲仙市国見町神代丙103-1
アクセス方法:JR島原鉄道「神代駅」下車
所要時間:JR島原鉄道「神代駅」から徒歩で約10分
この自治体の謝礼品交換サイトを見る
ふるさと納税で旅に出よう! ふるさと納税旅行クーポン