• 津軽塗ワイングラス
  • 津軽塗ワイングラス

津軽塗ワイングラス

参考寄附額:
70,000
数量:
★この自治体は
最小金額10,000
の寄附が必要です。
容量
ワイングラス2個セット(唐塗 呂上・赤上各1個)
寸法:直径約8cm×22cm(350ml)

※ひとつひとつ手作業で製作しているため、模様が写真とは若干異なります。
配送方法
常温
管理番号
AG09-NT
発送期日
順次発送

青森県弘前市のお礼の品概要

「津軽塗」は、江戸時代から受け継がれてきた、約50もの工程と2ヶ月以上の日数を費やして生み出される堅牢優美な漆器で、青森県で唯一国の指定を受ける伝統工芸品です。

津軽塗の代表的な技法である「唐塗」があしらわれたワイングラスをお届けします。

1つ1つ丁寧に手作業で仕上げております。
クリスタルガラスを使用しているため、ガラスも薄く、口当たりが良いです。
毎日の晩酌を楽しいひと時にしませんか?

【青森県を代表する伝統工芸「津軽塗」】
津軽塗(つがるぬり)は青森県弘前市を中心に製作販売される青森県を代表する伝統的工芸品です。縄文遺跡からも出土する漆器に見られるように、人類が文明を築いて以来、最も長く利用してきた 植物性原料のひとつにあげられるのが「漆」です。漆器は、日本人の暮らしに欠かすことのできない、大切な日用品であり、芸術品なのです。
江戸時代から受け継がれてきた、約50もの工程と2ヶ月以上の日数を費やして生み出される堅牢優美な漆器で、青森県で唯一国の指定を受ける伝統工芸品です。
漆を塗っては研ぎ、塗っては研ぎを繰り返し、約50の工程と2カ月余の日数を費やして作られる馬鹿丁寧さのため、「津軽の馬鹿塗り」の異名も持ちます。唐塗、ななこ塗、、紋紗塗、錦塗の伝統的な4つの技法は、現在まで脈々と受け継がれています。昭和50年に国の伝統的工芸品指定され、平成29年には津軽塗の制作技術が国の重要無形文化財に指定されています。

【唐塗(からぬり)とは】
津軽塗の代表格であり、現在最も多く生産されています。唐塗独特の複雑な斑点模様は、何度も塗っては乾かし、そして研ぐという作業を繰り返し、約50の工程から生み出されており、完成までには2ヶ月余りを要します。唐塗の文様の基礎を作る道具を仕掛べらと呼び、これによって凹凸が生まれます。仕掛べらによる絞漆の凸模様を基本として塗膜面に現われる模様を「唐模様」といい、唐模様を主体にして仕上げられた漆器類を「唐塗の塗物」や単に「唐塗」と呼んでいます。

事業者情報

事業者名
小林漆器
連絡先
0172-34-5681
営業時間
9:00~17:00
定休日
日曜

青森県 弘前市のお礼の品ランキング

1
無添加りんごジュース詰め合わせ

無添加りんごジュース詰め合わせ

交換pt:
-pt
参考寄附額:
10,000
管理番号:
AJ02-NT
2
津軽塗 汁椀・箸セット 七々子塗

津軽塗 汁椀・箸セット 七々子塗

交換pt:
-pt
参考寄附額:
100,000
管理番号:
AG18-NT
3
テキカカシードル 24本入

テキカカシードル 24本入

交換pt:
-pt
参考寄附額:
50,000
管理番号:
AW03-NT
4
津軽塗 夫婦箸 七々子塗

津軽塗 夫婦箸 七々子塗

交換pt:
-pt
参考寄附額:
30,000
管理番号:
AG06-NT

ふるぽカテゴリー[工芸品・装飾品]のお礼の品ランキング

地方自治体情報

青森県弘前市

ページ先頭へ戻る