• トートバッグ「ブラウン(M)」
  • トートバッグ「ブラウン(M)」
  • トートバッグ「ブラウン(M)」
  • トートバッグ「ブラウン(M)」
  • トートバッグ「ブラウン(M)」
  • トートバッグ「ブラウン(M)」
  • トートバッグ「ブラウン(M)」
  • トートバッグ「ブラウン(M)」
  • トートバッグ「ブラウン(M)」
  • トートバッグ「ブラウン(M)」
  • トートバッグ「ブラウン(M)」
  • トートバッグ「ブラウン(M)」
  • トートバッグ「ブラウン(M)」
  • トートバッグ「ブラウン(M)」

トートバッグ「ブラウン(M)」

49,500ポイント
(参考寄附額:
165,000
)と交換可能
数量:
★この自治体は
最少金額5,000
から、
1,000円単位
での寄附を受け付けております。
容量
W320×H250×D80(mm)
配送方法
管理番号
FL01
発送期日
ご注文を受けてから制作いたしますので商品ご到着まで1ヶ月から2ヶ月いただいております。予めご了承ください。

大分県佐伯市のお礼の品概要

日常も、特別な日も、使いやすくてさまざまなシーンで活躍するDAISUKE FURUKAWAのトートバッグです。

革はイタリア産で、植物由来の「渋」でやわらかく加工した「ベジタブルタンニンなめし」の一枚の牛革を贅沢に使用。その革と相性抜群の天然の麻糸を使い、総手縫いでしっかりと仕上げています。普段使いやビジネスなどにもぴったりのスタンダードな形で、A4サイズが収まる設計です。デザイン、革の裁断、縫製まですべての工程を一人の職人の手によりつくり上げ、お届けします。少しずつ変化する革特有の色合いや手ざわりを楽しむ、一生もののバッグとしてご利用ください。

※ご注文を受けてから制作しますので、1~2カ月ほどお時間をいただきます。あらかじめご了承ください。

 
写真

風光明媚な城下町のそばで生まれる革製品

写真

宮崎県との県境に位置する大分県佐伯(さいき)市は、海、山、川と自然に恵まれたエリア。豊後水道(ぶんごすいどう)で獲れる鮮度の高い海の幸が有名ですが、風情ある城下町がある場所としても知られています。

城山のふもとの佐伯城大手門跡から700mほど続く「歴史と文学のみち」には、佐伯城の城郭建築物として唯一現存する遺構である櫓門や、明治時代の文豪、国木田独歩(くにきだどっぽ)が滞在していた下宿跡を公開する「国木田独歩館」など、情緒ある風景を見て歩くことができます。そんな城下町から車で10分ほどの場所にあるのが、DAISUKE FURUKAWAのアトリエです。

どんな場面にも合わせやすいレザーのトートバッグ

写真

DAISUKE FURUKAWAの返礼品は、イタリア製の牛の一枚革を贅沢に使ったトートバッグです。革と相性の良い天然の麻糸を使い、すべて手縫いで仕上げています。また継ぎ目を最小限にすることで丈夫さとしなやかさを兼ね備え、革の良さを全面に引き出しました。革にコシがあるのでバッグが自立することもポイントです。

A4サイズのノートがすっぽりと入る大きさなので、ビジネスにもよし、またカジュアルなファッションに合わせてもよし。ユニセックスなシンプルさが、いつでも、誰にでも、どこに持って行ってもフィットします。

知る人ぞ知る、スタイリッシュなアトリエ

写真

DAISUKE FURUKAWAは、商店や住宅が並ぶ通り沿いにあります。外観の入口に「OPEN」のプレートがあるだけの、知る人ぞ知る革製品のアトリエです。

写真

扉を開くと、真っ白い空間にトートバッグやショルダーバッグ、財布などが整然と並びます。凛とした革製品の数々に思わず心が躍り、私ならどんな服に合わせて持つだろう…と妄想がふくらみます。

ファッション好きな法学部出身の革職人

写真

見ているだけでときめく作品の全工程を一人で担う古川大輔さんと、その仕事を支える妻の由(ゆう)さんです。 佐伯市で生まれ育った大輔さんは異色の経歴の持ち主。大学時代は東京で法律を学び、卒業後は佐伯に戻り食品開発の仕事に就きますが、「毎日をなんとなく過ごしていた」ある時、佐伯市のお隣・臼杵(うすき)市の革靴職人の新聞記事を父親から手渡されます。その記事を見て、中学生のころからファッションが大好きだった気持ちを思い出し、自分が本当にやりたいことと真剣に向き合うようになりました。

写真

大輔さんは再び東京へ。靴づくりの専門学校で2年ほど学び、ふるさとの自宅の一室に作業場を構え、革靴職人として走り出しました。さらに、吉田カバン創設者のご息女で、かばんデザイナーとしても活躍する野谷久仁子氏の書籍に大きな感銘を受け、野谷氏が主宰する教室にも通い、手縫いによるオリジナリティを追求し始めたのでした。そして、2016年にチャレンジした日本革工芸展では東京都産業労働局長賞を受賞。少しずつ「自分らしさ」をつかんでいったのです。

手縫いでアーバンな作風を忍ばせて

写真

大輔さんの仕事風景を見せてもらいました。作業場の棚には、植物由来の「渋」でやわらかくなめされたイタリア産の上質な革が並びます。「曲線が難しいんですよ」と言いながらも、全身を使って革に包丁を入れる手に迷いはありません。計ったような直線とアールを描き、滑るように切り出していきます。

写真

アイルランドから取り寄せる天然の麻糸には、糸のよりを強くするためにロウを含ませ、革の表と裏の両方から糸を通します。一つ一つが独立した縫い目になるので、ほつれにくく丈夫な仕上がりに。もし糸が切れたとしても、その部分だけ修理ができるので、一生ものとして使うことができるのです。

写真

大輔さんの作品はミシンを一切使いません。よく見ると、手縫いとは思えないほどの規則正しい縫い目。手づくりでありながら、手づくり感を出さないきっちりとしたつくりで都会的な佇まいを醸しています。特徴ある見た目ではなく、つくりあげる工程の中に「自分らしさ」をにじみ出すことで、DAISUKE FURUKAWAの価値観を体現しているのです。

「個性を表に出さない」という究極のデザイン

写真

「個性を出さない」という大輔さんのこだわりには、いくつか理由があります。まず、毎日の暮らしの中で使ってもらえる革製品にしたいということ。そして使う人のファッションや雰囲気を引き立てられる製品にしたいという思い。さらに命をもらってつくる作品なので、無駄な革を出さないということ。大輔さんの扱う革は日本で一部の卸業者しか手に入れることができない希少なもの。縁あって「使わせてもらっている」という大輔さんの思いも作品づくりのモットーにつながっています。

極力デザインしないという大輔さんの考え方は流行廃りのある作品ではなく、一生ものとして使ってもらいたいという願いが根底にあるからこそ。その思いを貫き通すことでDAISUKE FURUKAWAらしさを紡いでいるのではないでしょうか。

正直に、まっすぐに。正統派を貫く信念

写真

「革職人として10年経ち、ちょっと自信を持てるようになってきました」と謙遜する大輔さんですが、少しずつ作品を知ってもらうために展示会を開くなどの発信にも力を入れるようになりました。そういったPRに加えてSNSの更新、発送手配などを一手に引き受けるのが妻の由さんです。

「仕事用でも、普段使いでもガシガシ使って大丈夫ですよ」と話す由さんのバッグは、大輔さんが作った10年近く愛用している今回の返礼品の前身。マットな艶がブラウンに深みをもたらし、傷がついても目立ちにくく、その傷も時の経過が育てるデザインだと語ります。

写真

トートバッグを手に取ると革のかぐわしい香りがふんわり鼻をかすめ、想像よりも軽く、なめらかな質感を実感します。

「使い勝手の良し悪しはたびたび夫に伝えています。改良に改良を重ねて、後悔しないために本当に誠実に向き合っていて尊敬します」と、駆け出しのころから大輔さんを支えてきた一番の理解者である由さんが、大輔さんの努力をたたえていました。

写真

一生をかけて学んでいく。あくなき探求心に挑み続ける

会話の端々に「ありがたい」という言葉を何度も繰り返しながら話を聞かせてくれた大輔さん。実直で美しい作品は、周りの人への感謝と、製品を手に取る人のことを考えながらつくる思いを物語っているかのよう。個性を表に出さない大輔さんのこだわりは、大量生産の既製品には表現することができない唯一無二の価値を放っています。

近い将来、節目の記念日や、大切な人に贈るアイテムとして、DAISUKE FURUKAWAの革製品をオーダーするのがちょっとしたブームになる。そんな兆しを感じました。

写真

九州支部(大分県佐伯市担当) / 牧 亜希子(まき あきこ)

大分県大分市出身、在住。大分県各地の魅力をデザインや言葉、写真を介して伝えることを生業に長年携わってきました。プランナー・ライターとして自分がいいなと思った直感を信じて「大分ならでは」「大分だからこそ」を表現し、愛するふるさとを編集し続けていきたいです。

佐伯市の豊後水道の海の幸は絶品! 佐伯名産の「かぼすブリ」を毎年必ず大みそかに買いに行くのがわが家の恒例行事です。

事業者情報

事業者名
(有)古川アセットマネージメント【DAISUKE FURUKAWA】
連絡先
info@daisukefurukawa.com
営業時間
13:00~17:00
定休日
不定休

ふるぽカテゴリー[ファッション]のお礼の品ランキング

1
鎌倉シャツカード No.30000

鎌倉シャツカード No.30000

交換pt:
300pt
参考寄附額:
100,000
管理番号:
BL21-NT
2
鎌倉シャツカード No.21000

鎌倉シャツカード No.21000

交換pt:
210pt
参考寄附額:
70,000
管理番号:
BL06-NT
3
鎌倉シャツカード No.9000

鎌倉シャツカード No.9000

交換pt:
90pt
参考寄附額:
30,000
管理番号:
BL20-NT

地方自治体情報

大分県佐伯市

カテゴリーから選ぶ

ポイントについて

ポイントの種類
利用手順と注意事項

寄附いただいた後に、お礼の品をお申し込みいただく場合は、姉妹サイトふるさとチョイスにログインいただき、お手持ちのポイントをご利用ください。
また、交換したポイントは寄附した自治体でのみ有効となりますのでお気をつけください。

 
ポイントの有効期限
2年

「ポイント有効期間」とは、ご寄附いただいた際に付与されるポイントの有効期限です。ポイント交換後のお礼の品(サービス、クーポン等)で定められたご利用期間、消費期限とは異なりますので、ご了承ください。

ポイント交換時のルール

・1,000円ごとに300ポイント付与となります。
・ポイント発行は5,000円以上寄附してくださった方のみ対象となります。
・ポイントの換算率は自治体ごとに異なります。

ポイントの種類
5,000円以上 1,500ポイント
6,000円以上 1,800ポイント
7,000円以上 2,100ポイント
8,000円以上 2,400ポイント
9,000円以上 2,700ポイント
10,000円以上 3,000ポイント
25,000円以上 7,500ポイント
50,000円以上 15,000ポイント
100,000円以上 30,000ポイント
250,000円以上 75,000ポイント
500,000円以上 150,000ポイント
1,000円毎に300ポイント付与

*ポイントの換算率は自治体によって異なります

JTBふるぽ
ふるさと納税コールセンター

0570-666-532
年中無休
10:00~17:00

(1/1~1/3を除く)

★土日も電話受付しております。

ページ先頭へ戻る