ふるぽ featuring ふるさとチョイス

ポイントをお礼の品・旅行クーポンに交換できる! - ふるさと納税サイト [ふるぽ]

④ふるさと納税の流れ

ここではポイント制での寄附の流れを説明します。

1. すぐにお礼の品が欲しい場合

サイト上で寄附をしたい自治体やお礼の品を選び、寄附手続きを行います。
ここではポイント発行とお礼の品の交換が同時に行われるので、非ポイント制と同様にすぐにお礼の品と交換できます。
その後、お礼の品と証明書が届きます。その証明書を持って申告を行うと、税金の控除が受けられます。

2. あとでお礼の品が欲しい場合

サイト上で寄附をしたい自治体やお礼の品を選ぶところまでは1と一緒ですが、寄附はお礼の品を指定せずに行います。
その際ポイントが発行されるので、好きなタイミングでお礼の品の申し込みを行うことができます。
ポイントが発行された時点で証明書が届きますので、それを持って申告を行い、控除を受けることができます。

1,2のどちらの場合も、寄附手続き及びポイント交換はふるぽの姉妹サイト「ふるさとチョイス」から行っていただきます。

税額控除ってどうやって申告するの?

ふるさと納税で支払った寄附金分の税額の控除をするには、「確定申告」と「ワンストップ特例」の2つの方法があります。

確定申告とは?

年に1回、2/16~3/15の期間に税務署に書類を提出し、税金を申告する方法です。
確定申告は、既に確定申告している方や、6以上の自治体への寄附をした方にオススメです。

ワンストップ特例とは?

時期は決まっておらず、寄附をするごとに申告する方法です。
ワンストップ特例は、下記2つの条件を満たす場合に活用できます。

①ふるさと納税をした自治体が5つ以内の場合
※同じ自治体には何回寄附をしても、1自治体とみなされます
②所属する会社で確定申告手続きがされており、自分では確定申告をする必要がない場合

確定申告に比べると手続きがより簡単なため、近年はワンストップ特例の人気が高まっています。

税金が控除・還付されるのはいつ?

「確定申告」と「ワンストップ特例」では、税金の控除分が戻ってくるタイミングが違います。

確定申告の場合、手続きをした当該年に所得税の還付金が口座に振り込まれます(還付ではなく所得税控除となる場合もあります)。また、翌年度の住民税から、残りの控除分が差し引かれます。

例)2018年1月~12月にふるさと納税を行った場合
①2019年3月までに確定申告をする
②所得税の還付金は、2019年4~5月頃に口座に振りこまれる
③住民税の控除は、2019年6月~2020年5月分から減額される

ワンストップ特例の場合は、所得税からの還付金はなく、全て翌年度の住民税から控除分として差し引かれます。

例)2018年1月~12月にふるさと納税を行った場合
①寄附のつど、ワンストップ特例を行う
②住民税の控除は、2019年6月~2020年5月分から減額される

ふるさと納税は年に何回でもできますが、人によって戻ってくる控除額の上限が違います。
ここはしっかりチェックしておきましょう。

具体的には、寄附者の年収や居住地域、家族構成によって控除の上限額が変わってきます。上限額内におさめれば、実質2,000円で地方のお礼の品が受け取れますが、上限額を越してしまうと、その分は自己負担となってしまいます。

下記シミュレーターを活用して、自身の上限額をチェックしてみましょう。

ふるさと納税大カタログふるさと納税で日本を元気に!

ページ先頭へ戻る