ふるさと納税で旅に出よう
JTB特選プレミアム ― 敬老の日ギフト特集
ふるさと納税でマラソン大会に参加しよう!スポーツ特集
JTBの国内旅行にJTBふるさと納税旅行クーポンが使えます!
ふるさと納税 人気商品ランキング
JTB特選プレミアム ― 暑い夏にアイスクリーム特集 2019
JTB特選プレミアム ― クラフトビール&地ビール特集 2019
ふるぽスタッフおすすめ体験特集
兵庫県南あわじ市 るるぶ特派員レポート
ふるぽマイページにまだポイントが残っている方へ

新着自治体ピックアップ

2019/08/09受付開始
群馬県大泉町

群馬県 大泉町

「住んでみたい 住み続けたいまち おおいずみ」の実現に向けて、いただい…

2019/08/01受付開始
埼玉県幸手市

埼玉県 幸手市

幸手市は、子どもから高齢者までのだれもが活躍し、笑顔で暮らし続けられる…

2019/08/01受付開始
滋賀県 多賀町

滋賀県 多賀町

「自然と歴史・文化に包まれた、キラリとひかるまち」多賀に是非…

2019/07/16受付開始
岐阜県大野町

岐阜県 大野町

大野町は濃尾平野の西北端に位置し、根尾川と揖斐川にはさまれた自然に…

2019/06/03受付開始
沖縄県北谷町

沖縄県 北谷町

沖縄本島中部に位置する北谷町は、那覇空港から車で約40分の場…

2019/04/15受付開始
岐阜県 羽島市

岐阜県 羽島市

水と緑に恵まれた街・羽島は、温暖な気候で、四季折々に彩られ、住む人…

2019/04/10受付開始
北海道 様似町

青森県 五所川原市

五所川原市は、青森県の津軽平野のほぼ中央に位置しており、十三湖がある…

2019/04/04受付開始
北海道 様似町

北海道 様似町

北海道の南に位置し、天然秋鮭のブランド「銀聖」と、「いくら」が非常に…

自治体の人気ランキング(週間ランキング・件数)

1
山形県

山形県

山形県山形県は、ゆたかな地域資源や各地域の特徴を活かした産業の育成と地域経済、雇用基盤の底上げを図ります。

2
北海道 岩見沢市

北海道 岩見沢市

岩見沢をもっと元気に!ふるさと応援寄附を募集します

3
香川県 坂出市

香川県 坂出市

坂出市のより良いまちづくりのために、ご支援とご協力をお願いいたします。

4
鹿児島県 大崎町

鹿児島県 大崎町

豊かな自然が宝物 みんなで紡ぐ 結いの町

5
北海道 苫小牧市

北海道 苫小牧市

苫小牧市は、ハスカップが自生する勇払原野や、野鳥の楽園といわれるウトナイ湖などがある自然豊かなまち。特産のひとつであるホッキ貝は、水揚げ量日本一を誇ります。

6
北海道 旭川市

北海道 旭川市

旭川市は、旭山動物園や旭川家具で知られるほか、道内有数の米どころでもあります。旭川市の魅力あるまちづくりのために、ご支援とご協力をお願いいたします。

7
愛媛県 西条市

愛媛県 西条市

西条市を応援していただける方、西条市に貢献したいとお考えの方には、この制度をご活用いただき、西条市をさらに元気にしていただきますようお願いします。

8
青森県 弘前市

青森県 弘前市

寄附者の皆さんを『応援団』とし、ご自身のまわりの友人・知人・親戚のみなさんが弘前をPRして、ふるさとの『応援団』を増やしましょう!

9
和歌山県 湯浅町

和歌山県 湯浅町

歴史と自然豊かなまち「湯浅町」。

10
青森県 五所川原市

青森県 五所川原市

五所川原市は、青森県の津軽平野のほぼ中央に位置しており、十三湖がある市浦地区は飛地となっており、間に他の町を挟む珍しい立地となっています。

11
茨城県 守谷市

茨城県 守谷市

守谷市のより良いまちづくりのために、ご支援とご協力をお願いいたします。

12
長崎県 南島原市

長崎県 南島原市

南島原市で生まれ育った方やご縁のある方、応援したい方など、南島原市を愛する多くの皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。

お礼の品のご案内

  • 2019年6月からのふるさと納税制度法改正に関わる対応について
  • あなたの目安は?控除金額シミュレーション
  • ふるさと納税で旅に出よう
  • ふるさとから旬をお届けします。頒布会&定期便
  • るるぶ特派員レポート
  • ふるぽマイページにまだポイントが残っている方へ
  • ふるさと納税を活用して、災害支援をすることができます

ふるさと納税を知ろう

1. ふるさと納税とは?

ふるさと納税って何なのか、利用するとどんな良いことがあるのか、わかりやすくお伝えします。

2. 控除額シミュレーター

税制の優遇措置があり、自己負担額2,000円以上が住民税・所得税の控除の対象となります。

3. とても便利なポイント制

寄附をすると特産品の代わりにポイントが付与されます。ポイントを使わずに貯めておくこともできます。

4. よくあるご質問

ふるさと納税に関する制度や仕組み、控除など、ふるさと納税を利用する方の疑問点がまとまっています。

カテゴリーから選ぶ

ふるぽのメリット

ポイント制は寄附金額に応じて自治体独自のポイントが発行されるシステム。お礼品はそのポイントと交換する形でもらえます。

便利でお得な3つの理由

1
ポイント制だから貯められる

続けてポイントを貯めることで、旅行など高額なお礼の品とも交換ができます。

2
寄附をいただいてから即時発行

寄附のお申込みからポイント発行までの時間が短縮されて使いやすい!

3
お申込みはお好きな時に

寄附をした後にお好きなタイミングで届くようにお礼の品を選ぶことができます。

はじめての方へ

ふるさと納税とは?

「ふるさと納税」とは、応援したい自治体(都道府県・市区町村)に寄附ができるしくみです。
寄附をすると、自治体や地域産業に貢献できるだけでなく、多くの自治体からは寄附のお礼として、地方のお礼の品が送られてきたり、寄附した地域への旅行券・宿泊券をもらうことができます。
また、寄附したお金のほとんどは税金の控除というかたちで戻ってくるため、実質2,000円で地方のお礼の品を受けとることができる、大変嬉しい制度です。
ふるさと納税とは?

ふるさと納税しない ふるさと納税する
個人
何ももらえない
何ももらえない
使い道選べない

お礼の品GET!
お礼の品GET!
使い道が選べる!
地方
人口減少で税収減
人口減で税収減
地域産業も元気なし
税収UP!
税収UP!
地域産業が活性化!

便利なポイント制?

『ポイント制』とは、ふるさと納税をより便利に行うための制度で、大きく3つの流れで手続きを行います。

  1. 好きな自治体を選んで、寄附を申し込む
  2. 寄附完了後、寄附額に応じたポイントが発行される
  3. その後、ポイントを消化していつでも好きな時にお礼の品が選べる

ポイント制では、すぐにお礼の品が欲しい方は、寄附と同時に交換することもできますし、あとでゆっくりお礼の品を選びたい方は、ポイントの有効期間内(通常1~2年)であれば、いつでも交換可能です。
寄附をした自治体のものならどのお礼の品でも選べますし、ポイント内なら複数の品を選ぶこともできる、大変便利な制度です。
便利なポイント制?

『すぐにお礼の品と交換』『あとでお礼の品と交換』両方選べるのはポイント制だけ!

ふるぽとは?

ポイント制を採用している自治体を多数ご紹介しており、安心と信頼を持ってご利用いただけます。
もちろん、ポイントを利用せずに通常の寄附を行うことも可能です。
ふるぽとは?

ポイント制 [ポイント制/非ポイント制]

ふるぽのメリットは「ポイントを発行して、自分の好きなタイミングでお礼の品を選べる」ことです。
ポイントの有効期間内であれば、いつでも交換可能なので早めに寄附をして欲しいタイミングで申し込みができます。

ポイントの有効期限 [1年/2年]

ポイントの有効期限は自治体によって異なります。有効期限内であれば、いつでもお礼の品と交換することができます。
有効期限は積み立てることができ、新たに寄附をしてポイントを積み立てるごとにポイントの有効期限が延長されます。

ふるさと納税の流れ

すぐにお礼の品が欲しい場合

サイト上で寄附をしたい自治体やお礼の品を選び、寄附手続きを行います。
ここではポイント発行とお礼の品の交換が同時に行われるので、非ポイント制と同様にすぐにお礼の品と交換できます。
その後、お礼の品と証明書が届きます。その証明書を持って申告を行うと、税金の控除が受けられます。

すぐにお礼の品が欲しい場合

あとでお礼の品が欲しい場合

サイト上で寄附をしたい自治体やお礼の品を選ぶところまでは1と一緒ですが、寄附はお礼の品を指定せずに行います。
その際ポイントが発行されるので、好きなタイミングでお礼の品の申し込みを行うことができます。
ポイントが発行された時点で証明書が届きますので、それを持って申告を行い、控除を受けることができます。

あとでお礼の品が欲しい場合

確定申告とは?

年に1回、2/16~3/15の期間に税務署に書類を提出し、税金を申告する方法です。確定申告は、既に確定申告している方や、6以上の自治体への寄附をした方にオススメです。

ワンストップ特例とは?

時期は決まっておらず、寄附をするごとに申告する方法です。
確定申告に比べると手続きがより簡単なため、近年はワンストップ特例の人気が高まっています。

ふるさと納税の流れ

控除額かんたんシミュレーション

実質自己負担2,000円でふるさと納税を行える上限額は、年収や家族構成、お住まいの地域など、人によって異なります。
ご自身の控除上限額をきちんと把握して、効率的にふるさと納税を行いましょう。
控除上限を計算する

1
寄附者の給与収入額(年収) ----------------------------------------------------
2
家族構成
配偶者   
扶養家族 中学生以下(16歳未満) ------------------------------------------------------------------
高校生(16~18歳) -----------------------------------------------------------------------
大学生(19~22歳) -----------------------------------------------------------------------
23歳以上 -------------------------------------------------------------------------------------
自己負担2,000円となる寄附上限額の目安

※控除額等のご質問は、ふるぽにご連絡いただきましてもご対応いたしかねます。お住まいの自治体の税務署にご相談ください。
シミュレーションはあくまで目安となります。正確な計算は、お住まいの市区町村や税理士等にお尋ね下さい。

ページ先頭へ戻る