• 雪国のお酒「鶴齢」「雪男」四合瓶お酒セット
  • 雪国のお酒「鶴齢」「雪男」四合瓶お酒セット
  • 雪国のお酒「鶴齢」「雪男」四合瓶お酒セット
  • 雪国のお酒「鶴齢」「雪男」四合瓶お酒セット
  • 雪国のお酒「鶴齢」「雪男」四合瓶お酒セット
  • 雪国のお酒「鶴齢」「雪男」四合瓶お酒セット
  • 雪国のお酒「鶴齢」「雪男」四合瓶お酒セット
  • 雪国のお酒「鶴齢」「雪男」四合瓶お酒セット
  • 雪国のお酒「鶴齢」「雪男」四合瓶お酒セット
  • 雪国のお酒「鶴齢」「雪男」四合瓶お酒セット

雪国のお酒「鶴齢」「雪男」四合瓶お酒セット

参考寄附額:
30,000
数量:
★この自治体は
最少金額5,000
から、
1,000円単位
での寄附を受け付けております。
容量
「鶴齢」純米大吟醸:720ml×1本
「鶴齢」純米吟醸:720ml×1本
「鶴齢」本醸造:720ml×2本
「雪男」純米酒:720ml×1本
「雪男」本醸造:720ml×1本
賞味期限
冷蔵保管の場合賞味期限無し  ※常温保管の場合は製造日より6ヶ月を目安にしてください。
配送方法
夏季:冷蔵便、冬季:常温便
管理番号
CN50-NT

新潟県南魚沼市のお礼の品概要

「鶴齢」
淡麗なのに旨口、そんな矛盾するような酒質は、仕込みに巻機山の伏流水を使用していることも要因の一つかもしれません。 雪解け水のような澄み切ったきれいな水質は、まさに鶴齢の飲み口のクリーンさを表現しており、そのクリーンさが、後から押し上げてくるような米の旨味を際立たせてもいるのです。 そんな水を使った丁寧な酒造りによって、鶴齢は造られています。 実はこの蔵は地元に広く流通している普通酒クラスに至るまで、大吟醸クラスと同じく全量手仕事で麹を造り、米を洗っています。 さらにアルコール添加量も酒税法の基準量よりもずっと少ない量しか使わず、うまい酒であることを第一に考えた造りを行なっているのです。

純米大吟醸
新潟県産の越淡麗を100%使った純米大吟醸酒です。果実を想わせる華やかな香りと、飲みやすさの中に広がる優しい旨味が特徴のお酒です。

純米吟醸
米本来の味を重視しながらも、軽くソフトに仕上げ飲み飽きしない純米酒。ほのかな香りと優しいふくらみのある旨味が調和した1本です。

本醸造
米の旨味を重視し、しっかりとした味わいを残した、淡麗旨口本醸造です。冷~熱燗まで幅広く飲める、雪国塩沢の定番酒です。

『雪男』
雪男とは、毛むくじゃらの異獣。山中に現れ、旅人のにぎり飯をもらい、お礼に荷物を担ぎ、道案内をするという。このお話が『雪男』というお酒となっています。思いやり、人の「和」を表現したお酒はまた、人の「和」を生み出し、地元新潟から全国、たくさんの呑み手に愛されています。

雪男純米酒
純米酒らしい米の旨みを生かしながら後味はシャープでキリっと引きしまる辛口のお酒です。

雪男本醸造
軟水仕込みを生かした、端麗辛口のお酒です。熱燗にもお勧めのお酒です。すっきり切れのあるタイプのお酒です。

夏季:冷蔵便、冬季:常温便

【お問合せ】発送事業者(利七屋 TEL:025-788-1011)

事業者情報

事業者名
利七屋
連絡先
025-788-1011
営業時間
10:00~16:00
定休日
年末年始

新潟県 南魚沼市のお礼の品ランキング

1
南魚沼産コシヒカリ5㎏

南魚沼産コシヒカリ5㎏

交換pt:
-pt
参考寄附額:
10,000
管理番号:
BC40-NT
2
【令和2年産新米予約】南魚沼産新之助10㎏

【令和2年産新米予約】南魚沼産新之助10㎏

交換pt:
-pt
参考寄附額:
20,000
管理番号:
AP44-NT

ふるぽカテゴリー[お酒]のお礼の品ランキング

1
キリン本麒麟<北海道千歳工場産>350ml(24本)

キリン本麒麟<北海道千歳工場産>350ml(24本)

交換pt:
10,000pt
参考寄附額:
10,000
管理番号:
BQ012-NT
2
キリン本麒麟<北海道千歳工場産>350ml 2ケース

キリン本麒麟<北海道千歳工場産>350ml 2ケース

交換pt:
20,000pt
参考寄附額:
20,000
管理番号:
BQ019-NT
3
紀土 純米・純米吟醸・純米大吟醸酒 720ml 3本セット

紀土 純米・純米吟醸・純米大吟醸酒 720ml 3本セット

交換pt:
3,900pt
参考寄附額:
13,000
管理番号:
W010-NT
4
キリン一番搾り生ビール<北海道千歳工場産>350ml(24本)

キリン一番搾り生ビール<北海道千歳工場産>350ml(24本)

交換pt:
16,000pt
参考寄附額:
16,000
管理番号:
BQ001-NT

地方自治体情報

新潟県南魚沼市

ページ先頭へ戻る