• 世界7位の靴職人が作る!! 高級手製紳士靴 パターンオーダー
  • 世界7位の靴職人が作る!! 高級手製紳士靴 パターンオーダー
  • 世界7位の靴職人が作る!! 高級手製紳士靴 パターンオーダー
  • 世界7位の靴職人が作る!! 高級手製紳士靴 パターンオーダー
  • 世界7位の靴職人が作る!! 高級手製紳士靴 パターンオーダー
  • 世界7位の靴職人が作る!! 高級手製紳士靴 パターンオーダー
  • 世界7位の靴職人が作る!! 高級手製紳士靴 パターンオーダー
  • 世界7位の靴職人が作る!! 高級手製紳士靴 パターンオーダー
  • 世界7位の靴職人が作る!! 高級手製紳士靴 パターンオーダー
  • 世界7位の靴職人が作る!! 高級手製紳士靴 パターンオーダー
  • 世界7位の靴職人が作る!! 高級手製紳士靴 パターンオーダー
  • 世界7位の靴職人が作る!! 高級手製紳士靴 パターンオーダー
  • 世界7位の靴職人が作る!! 高級手製紳士靴 パターンオーダー
  • 世界7位の靴職人が作る!! 高級手製紳士靴 パターンオーダー
  • 世界7位の靴職人が作る!! 高級手製紳士靴 パターンオーダー
  • 世界7位の靴職人が作る!! 高級手製紳士靴 パターンオーダー

おすすめ 世界7位の靴職人が作る!! 高級手製紳士靴 パターンオーダー

参考寄附額:
300,000
数量:
★この自治体は
最少金額2,000
での寄附を受け付けております。
容量
ハンドソーンウェルテッド製法の靴1足
サイズ23.5㎝~28.0㎝(0.5㎝間隔)
※ハンドメイドで制作する為、お届けまでに4か月ほどお時間頂戴します
※注文状況次第によって、少々納期のお時間をいただくこともありますので、予めご了承下さい。
有効期限
ご注文後、必ず1年以内にオーダーをお願いいたします。
配送方法
管理番号
BT001-NT
発送期日
オーダー後お届けまでに4か月ほどお時間頂戴します。※多くのご注文をいただいておりますため、納品まで半年以上お時間をいただく場合もございます。

東京都国分寺市のお礼の品概要

東京都国分寺市にアトリエを構える「So Tsuchiya ビスポーク靴店」は、靴職人・土屋聡が手がける最高級オーダーメイド靴のお店です。ヒアリングから採寸、裁断、縫製、底付け、仕上げまで全工程を一人の職人が担い、細部への気配りとクオリティーを追求。そんな上質な靴を、より身近な形で提供するメニューが、「パターンオーダー靴」です。あらかじめ数種類用意された靴のスタイル、革の種類、色、サイズなどをお好みで選び、それを「ハンドソーンウェルテッド」という伝統的製法で職人が手作業で仕上げていきます。これにより、堅牢でありながら、履くほどになじむ靴に。この機会に、一生ものの靴を手に入れましょう。

【受注後の流れ】
①パターンオーダーのご案内を郵送でお届けいたします
②内容をご確認後お電話又はメールにて、ご希望のデザイン・革(カラー)・サイズをご連絡ください。ご確認後制作いたします。
③ご希望の配送先にお届けいたします(当店での直接お渡しも可能です)

※多くのご注文をいただいておりますため、納品まで半年以上お時間をいただく場合もございます。
納期に関しましてはご注文前に、「So Tsuchiya ビスポーク靴店」にお問い合わせください。

事業者:So Tsuchiya ビスポーク靴店
住所 :国分寺市光町1-26-32
連絡先:042-843-0687

 

写真

~土屋聡~

革に魅了されプロのダンサーから転向し、靴学校にて靴作りの基礎を学ぶ。
卒業後、義肢装具会社にて型紙製作・製甲に携わる。
オーダー靴職人・斉藤敏廣氏に師事し、木型から作るオーダー靴の修行を積む。
1995年、『空one love 靴工房』を国立に開設し、一人一人の足に合わせた木型から靴を作る教室をスタート。これまでに200人以上の生徒の足を計測し、木型を作成。靴作りを指導する。
一方、日本の伝説の靴職人が手掛けた靴の美しさに感動し、靴職人・津久井玲子氏に師事、Hand Sewn Welted製法の技術を磨く。
2015年、オーダー靴サロン『So Tsuchiya』を設立。
2017年から、専門学校ヒコ・みづのジュエリーカレッジのシューズコース・マイラストメイキング特別講師担当。

2019年、World Championship in shoemaking 2019にて、 世界大会7位入賞。

写真

歴史と自然あふれる街、国分寺

写真

東京の西側にある国分寺市は、奈良時代の聖武天皇が鎮護国家を祈念して建立した「国分寺」が由来の歴史ある街です。「国分寺」自体は、鎌倉時代に焼失してしまいましたが、街には数々の歴史的建造物と豊かな自然が残されています。のんびりとした文化的な街には、趣味趣向に対する意識を高く持つ人々も多く住んでいるのだとか。

そんな国分寺の西側にあるのが、「So Tsuchiya ビスポーク靴店」です。住宅街にひっそりとたたずむこのお店は、どこか異国の地に訪れたかのような、非日常的な高揚感を覚えるお店。木の温もりを感じる扉を開けて店内へ入ると、ずらりと並んだ美しい靴が目に飛び込みます。そして地下に降りるとたくさんの革や木型が並ぶ工房が。そんな心躍るアトリエで、靴職人・土屋聡さんにお話を伺いました。

キャリア20年。靴職人So Tsuchiya

写真

国分寺にアトリエを構える土屋さんは、その道20年の靴職人。20代半ばまでプロダンサーとして活動していたという、異色の経歴を持ちます。「努力して技を磨いただけ成果として返ってくることが、自分にとっての仕事の醍醐味。そういった意味では、職人もダンサーと同じくらいやりがいがあると思ったんです」。そう語る土屋さんは職人に転向後、さまざまな職人の世界を経験。その中でも「靴づくりは工程がたくさんあり、想像の範疇を超えて難しい。しかし同時に一番自分らしい表現ができる」と、靴職人の道を選んだのだとか。

土屋さんが20年というキャリアのなかでこだわり抜いてきたのが、「ビスポーク靴」。職人が一から作り上げる靴です。「一人ひとり、足の形には違いがあります。足そのものは実は不格好なのですが、その人の足の形に合うように仕立てた靴は、足を美しく見せてくれる。時間もお金もかかりますが、そうして作られた靴は履き心地もよく、丈夫。メンテナンスをすれば、一生ものの靴になります」と、ビスポーク靴の魅力を語ります。

写真

土屋さんが作る靴が、履き心地と丈夫さを叶えた「一生ものの靴」となる理由は、イギリス伝統のハンドソーンウェルテッド製法を採用しているから。この製法は靴のウェルト部分(甲部分の端に巻いた細い革)とインソール(中底)を手縫いで仕上げるという意味で、機械ではできない手作業ならではの縫いができるため、堅牢でありながら、かえりもよい履き心地を可能に。革の変形が抑えられるため、足に馴染んだ履き心地を長く楽しめると同時に、何度でも繰り返し修理することができるのです。

「手作業だから、時間も費用もかかります。ですが、そのぶん満足のいく靴になる。機械製の靴があふれる世の中だからこそ、ぜひ手作りの靴を体験し、その違いを実感していただきたいです」と土屋さん。靴づくりは非常に複雑で、膨大な手間暇をかけます。作業に没頭すると、1日16時間働くこともあるのだとか。そうして仕上がった一足は、革が部位ごとに的確に伸ばされ、靴にかかる複雑な力をコントロールしてくれる、職人技が生きた一足に仕上がります。

世界を驚かせた、個性と技術

写真

土屋さんの高い技術は、世界でも認められています。2019年には、世界中の靴職人が技術を競うコンペティション「World Championship in shoemaking 2019」(ロンドンスーパートランクショー開催)で、名高いビスポークの職長が参加する中、7位に入賞。特に「アッパーとボトムメイキングのレベルが非常に高い」と評価されたそうです。

そこで見る人を驚かせたのが、靴の先端がぷっくりと膨らんだ、「オデコ」と呼ばれる特徴的なデザイン。技術を中心に評価する大会でしたが、同時にSo Tsuchiyaの個性を広く知らしめました。

お店に行けば、職人技に触れられる。靴づくりを楽しもう

写真

「So Tsuchiya」のオーダーメイド靴のメニューは、大きく分けて3種類あります。木型づくりから始まり、職人の細やかな技術が落とし込まれる、最高級の「ビスポーク」。コレクションの木型をその人に合わせて修正し、ぴったりの靴をつくる「モディファイド オーダー」。そして、スタイルや革をいくつかの選択肢の中から選んでオーダーできる「パターンオーダー」。

「お客さまに、『あ、ピッタリ』と言われると嬉しい」と語る土屋さんは、お客様と直接セッションすることを大切にしているのだとか。お客さまの足の形を分析し、普段のライフスタイルなどもヒアリングしていきながら調整するポイントを探る。そこに土屋さんしかできない表現を落とし込めた時、深いやりがいを感じるそうです。どのメニューでオーダーするにせよ、履き心地のいい靴を仕立てるためにも、作り手と履き手がコミュニケーションをとり、調整していくことが大切なのかもしれません。

職人技を気軽に体験することができる「パターンオーダー靴」

写真

今回のお礼の品である「パターンオーダー靴」は、「So Tsuchiya」のオーダー靴の中でも、最も気軽に職人技を体験できるメニューです。

「So Tsuchiya」が発表するコレクションの中から、トゥフォルムがやや細めでスタイリッシュに見える木型を採用。フォーマルにもカジュアルにも使えるフォルムです。いくつかのパターンの中から、お好みのサイズやスタイル、色を選んだら、土屋さんがハンドソーウェルテッド製法で細部まで丁寧に仕上げます。美しさと履き心地のバランスを究極まで追求した、履くほどになじむ、堅牢性の高い紳士靴です。

デザインや色を自分好みに選んで

写真

パターンオーダー靴のお仕立券が届いたら、4つのステップで仕様を選択し、お店まで連絡します。

1. 「サイズの選択」
まず、ここではサイズを選びます。23.5cm~28.0cm(0.5cm間隔)で用意されているので、自分の足サイズに合わせて選びましょう。

2. 「木型のトゥフォルムの選択」
次に、つま先のフォルムを選びます。種類はつま先が丸い「ラウンド」とつま先がやや角ばった「チゼル」の2つ。木型自体は、やや細めのスタイリッシュに履けるフォルムです。

3. 「デザインの選択」
続いて、デザインを選びます。横にまっすぐな縫い線が入ったフォーマルな印象の「オックスフォード(ストレートチップ)」と、フォーマルとカジュアル両方に使いやすい「プレーントゥ・ダービー」の2種類から選べます。

4. 「革の選択」
最後にアッパー(表革)とライニング(内側)に使う革を選びます。アッパーは上質なアニリンカーフとスエードの2種類から。色も黒か濃茶の2種類から選べます。ライニングは生成色とココア色の2種類あります。

写真

仕様の選び方によって、靴の印象は大きく変わります。自分好みの靴をイメージしてオーダーしましょう。手作業なので、仕上がりは注文からおよそ4カ月かかります。

「細身の靴をあまり履いたことがない」「自分の足のサイズが正確にわからない」など、サイズ感に不安がある方は、お店でフィッティングサンプルを履いてサイズを確認することができます。また、追加料金がかかりますが、足に合わせて仕立てる「セミオーダー靴」への変更も可能なのだとか。

日々が充実する靴を、So Tsuchiyaで手に入れる

「皆さんにいい靴を知って欲しいというのが僕の願い。それを叶えるために日々精進しています。今後も妥協しないものづくりをして、お客さんに喜んでいただきたい。日々が充実する気持ちの良い靴をお届けしたいです」と土屋さん。

足元を美しくスタイルアップする特別な一足を、この機会に手に入れてみてはいかがでしょうか。

写真

So Tsuchiya その他の商品

世界7位の靴職人が作る!! 高級手製紳士靴 セミオーダー(モディファイ靴)

交換pt:
-pt
参考寄附額:
500,000
管理番号:
BT002-NT

上質な革を使用して、「Hand Sewn Welted」という伝統的な手製法で制

世界7位の靴職人が作る!!高級手製紳士靴 フルオーダー(ビスポーク靴)

交換pt:
-pt
参考寄附額:
1,000,000
管理番号:
BT003-NT

【来店必須】

お客様の足に基づいた木型を制作し、お好きな仕様でお作りするビスポ

事業者情報

事業者名
So Tsuchiya ビスポーク靴店
連絡先
042-843-0687
営業時間
10:00-20:00
定休日
年末年始など

ふるぽカテゴリー[ファッション]のお礼の品ランキング

1
鎌倉シャツカード No.30000

鎌倉シャツカード No.30000

交換pt:
300pt
参考寄附額:
100,000
管理番号:
BL21-NT
2
鎌倉シャツカード No.21000

鎌倉シャツカード No.21000

交換pt:
210pt
参考寄附額:
70,000
管理番号:
BL06-NT
3
鎌倉シャツカード No.9000

鎌倉シャツカード No.9000

交換pt:
90pt
参考寄附額:
30,000
管理番号:
BL20-NT
4
鎌倉シャツカード No.6000

鎌倉シャツカード No.6000

交換pt:
60pt
参考寄附額:
20,000
管理番号:
BL02-NT

地方自治体情報

東京都国分寺市

ページ先頭へ戻る