ふるぽ featuring ふるさとチョイス

ふるぽTOP三億年以上の歳月が生み出した神秘的な絶景を巡る旅 山口県美祢市
神秘的な絶景を巡る旅
神秘的な絶景を巡る旅

日本最大級のカルスト台地と鍾乳洞が広がる美祢市

日本最大級のカルスト台地と鍾乳洞が広がる美祢市

 山口県美祢市の観光名所といえば、総面積1万haを誇る日本最大級のカルスト台地「秋吉台」と、その地下100mに広がる大鍾乳洞「秋芳洞」。どちらも約3億5000万年という長い年月のなかで起きた海底火山の噴火やプレート運動などの自然現象によって作り上げられたもので、訪れるだけで地球の神秘を感じさせられます。
 秋吉台は総延長約11kmのカルストロードとよばれる道路のほか、遊歩道も整備されています。今回、緑の草原と白い石灰岩の美しいコントラストをのんびり眺めながら向かったのは、遊歩道の途中にある話題の絶景カフェです。

〈上〉秋吉台の風景を眺めながら、お散歩気分でカフェへ 〈下〉日本三大鍾乳洞に数えられる秋芳洞にもぜひ立寄ろう


まるで一幅の絵のよう! 秋吉台を望む絶景カフェ

まるで一幅の絵のよう! 秋吉台を望む絶景カフェ

 秋吉台カルスト展望台の隣に立つ「Mine秋吉台ジオパークセンター Karstar」。ジオパークの多彩な魅力を発信する複合施設として2016年12月にオープンしたこちらには、壁をぐるりと取り囲むように配置された窓が印象的なカフェを併設しています。
 窓に映る秋吉台の風景は、四季を通じて移り変わるだけでなく、朝夕刻々と変化。この絶景を堪能できる一番の特等席はやはり、陽光が差し込む窓辺のコーヒースタンドです。挽きたての香りがふわりと漂うコーヒーや、美祢市特産の食材を使ったシャーベットなどを片手に、見飽きることのない美しい景色を心ゆくまで眺めることができました。

〈上〉小高い丘の上から見渡すカルスト台地の風景に心奪われる 〈左下〉玄関を入って右手にカフェ、左手に観光案内所がある 〈中央下〉専用マシンで淹れたコーヒー200円、地元のパン屋さんから仕入れた石窯パンのサンドイッチ360円 〈右下〉シャーベット各300円。この日は美祢産の焼ぐりやサラダほうれん草など4種を販売

 カフェ及び観光案内所のスタッフとして働く徳田加奈代さんは、ご自身も幼いころから「自然が大好き」。秋吉台は草木が青々と繁る5月の風景が一番美しく、毎年2月に山焼きが行われると、すすけた大地に石灰岩が剥き出しとなって現れます。「山焼きの直後は、景観としてはたしかに少し寂しいのですが…。でも山焼きをすることで、絶滅危惧種のアキヨシアザミなど、小さな花が育つ環境が保たれる。巡りゆく命と自然の尊さを感じます」。
 そんな自然を愛する徳田さんがおすすめする秋吉台の楽しみ方は、カフェの窓からも見える冠山へのトレッキング。「360度広がるカルスト台地の真ん中に立つと、まるで別世界に行ったような気分になりますよ」。

〈上〉Karstarでは認定ジオガイドによるジオツアーなど多彩なイベントを企画。「ぜひご参加ください」と徳田さん 〈左下〉ついつい長居したくなる落ち着いた雰囲気のカフェスペース 〈右下〉館内には日本各地のジオパークを代表する鉱物や岩石、プロジェクションマッピングの立体模型なども展示


神々しく輝く池は、長寿伝説が残るパワースポット

神々しく輝く池は、長寿伝説が残るパワースポット

 秋吉台から車を走らせること約20分。続いて訪れたのは、別府厳島神社の境内にある「別府弁天池」です。周囲約40m・水深約4mの池に湛えられた水は、とても色鮮やかなコバルトブルー。パワースポットとしてひそかに話題を呼んでいたこの池ですが、私も実際に訪れてみて、周囲の神秘的な雰囲気に感動しました。
 地下から滾々と湧き出す池の水は、「ひと口飲めば一年長生きする」という言い伝えがあり、環境省の名水百選にも選定。境内には飲用の給水所も設けられていますが、なんとこの湧水で仕込んだ地酒があると聞き、さっそく近くにある道の駅に向かいました。

〈左〉カルスト台地の地下水は、透明度が高くカルシウムを豊富に含むため、このような青色に輝くといわれる 〈右上〉神社の隣で養鱒場を発見。ニジマスを釣ったり、その場で焼いて食べることもできる 〈右下〉水不足に悩んだ長者が神社に弁財天を勧請し、池ができたという伝説もある

 「道の駅 おふく」の売り場には、美東ごぼうや秋吉梨など、美祢市の特産・加工品がたくさん。その一角にある山口県の地酒コーナーで発見したのが、お目当ての「大嶺 純米大吟醸」です。日本政府主催の晩餐会で振る舞われ絶賛されたというこの大吟醸酒は、白桃のような香りと甘さが特徴。また、スウェーデンの「ストックホルム・デザイン・ラボ」が手がけた、スタイリッシュなボトルも印象的です。

 カルスト台地が育んだ湧水と県内契約農家の山田錦で醸した地酒は、まさに自然豊かな美祢市ならではの逸品。大自然を体感し、その恵みを味わう。美祢市の魅力をより深く知る旅となりました。
(2018年3月)

〈左〉大嶺 純米大吟醸(精米歩合48%)720㎖ 3996円~。ワンカップの大嶺 純米酒は100㎖ 300円 〈右〉2018年4月5日には、特産品売場&レストランをリニューアル。温泉施設も併設されている ※写真はリニューアル前の仮設店舗

2017年12月に誕生!日本初の“焼き栗ビール”

美祢市を代表する特産品の一つが、甘みと風味を兼ね備えた大粒の厚保栗(あつくり)。2017年12月に販売を開始した「厚保栗エール」は、市内で収穫した厚保栗を県内のブリュワリーで特別に醸造したもので、芳醇なアンバーエールの奥から湧き立つ焼き栗ならではの香りと味わいが好評。「道の駅おふく」で購入できるので、ぜひチェックしてください。

厚保栗エール330㎖ 594円。醸造はお隣り山口市のブルワリー「山口地ビール」が行っている

SPOT LIST

秋吉台(あきよしだい)

【電】0837-62-0305(秋吉台観光交流センター) 【住】山口県美祢市秋芳町秋吉 【交】小郡萩道路秋吉台ICから車で10分 【料】【時】【休】周辺自由 【P】秋吉台カルスト展望台駐車場50台

秋芳洞(あきよしどう)

【電】0837-62-0305(秋吉台観光交流センター) 【住】山口県美祢市秋芳町秋吉 【交】小郡萩道路秋吉台ICから車で5分 【料】入洞1200円 【時】8時30分~16時30分 【休】無休 【P】市営駐車場555台(1回400円)

Mine秋吉台ジオパークセンター Karstar(みねあきよしだいじおぱーくせんたー かるすたー)

【電】0837-63-0040 【住】山口県美祢市秋芳町秋吉1237-862 【交】小郡萩道路秋吉台ICから車で10分 【時】9~17時 【休】無休 【P】秋吉台カルスト展望台駐車場50台

別府弁天池(べっぷべんてんいけ)

【電】0837-62-0305(秋吉台観光交流センター) 【住】山口県美祢市秋芳町別府水上 【交】小郡萩道路秋吉台ICから車で20分 【料】【時】【休】周辺自由 【P】40台

道の駅 おふく(みちのえきおふく)

【電】0837-56-5005 【住】山口県美祢市於福町上4383-1 【交】小郡萩道路秋吉台ICから車で20分(JR於福駅から徒歩2分) 【料】入館無料(温泉入浴は500円) 【時】9~18時(施設により異なる) 【休】第2水曜(祝日の場合は翌日、1・8月は無休) 【P】85台

ページ先頭へ戻る